宣伝広告

 


 

 

プレイスでは 広告チラシやクーポン誌などの宣伝を一切やっていない

それにはちゃんとした理由があるからなんだけど

 

 

 

全国規模で有名なところでは

ホッ○ペッパー

 

この辺のローカルなクーポン誌では

モッ○ケ

なんかがある。

 

 

 

 

昔、広島市の中心部の新規出店に店長として行ったんだけど

場所的にあまり良くなくて、なかなか売り上げが上がらずに悩んでた時に

たまたま ホッ○ペッパーの営業が来て、物は試しで広告を出す事になった

 

 

 

当時、5cm×10cm程度の小さな広告枠でも1回の掲載料が約15万円

半ページ使おうと思ったら約100万円というけっこうな額だったけど

 

 

 

広告を出した月に、3名でやってる小さな美容院に1ヶ月の新規客100名越という効果!

そしてその月の売り上げは前月の約3倍!支店の売り上げ順位を一気に5店舗くらいごぼう抜きした!

 

 

 

 

 

だけど、クーポン誌って割引合戦しなきゃいけない

同じメニューで少しでも安いクーポンがあるとそっちにお客さんを取られるので

他店より少しでもクーポンを安く設定しないと新規客が取れない

 

 

だけど、安くすると売り上げが上がっても利益が出ない

 

 

 

半年位ホッ○ペッパーに広告を出し続けたけど

利益があまり出ないので一度ホッ○ペッパーをやめたら、あれだけ来ていたお客さんはクーポンを求めてどこかへ行ってしまった

というホッ○ペッパーの悪循環を体験した….

 

 

ちなみに否定じゃないですよ、やり方次第ではとても良いツールだと思うけど

当時のお店には合わなかったってだけ

 

 

 

 

だけど、実際にクーポン誌は割引クーポンを付けなきゃ意味が無い

しかもその割引率が低かったら宣伝効果はほとんど出ない

 

 

しかも全員にクーポン割引していたら割引しなくても来てくれるお客様まで割引する事になるから

新規のお客様限定ってクーポンを付ける事になる

 

 

 

 

本来ならば、何度も来てくれてる常連様にこそお返しすべき!

新規客限定で割引なんて、これほど常連様に失礼な事はない!

 

 

って常々思ってる僕は、何があってもこの先もクーポン誌に掲載する事は絶対にないです

 

 

 

 

本当に髪の毛で悩んでる方がクーポンの割引率で美容院選ばないでしょ?

それにクーポンで繋がる薄っぺらい関係は長く続かない

 

実際にクーポン誌に載ってる美容院っていつも同じお店ばかり

宣伝効果が出て再来店率がまともだったら、すぐに手一杯になるはずなのに広告を出し続けないといけないのには理由があるから

クーポン依存の美容院は絶対に利益が出ないし長くは続かない

 

 

 

 

 

それよりも僕を少しでも必要と感じてくれるお客様にご来店してもらって

深く長い付き合いが出来る関係を築きたいから

新規限定割引やクーポン誌掲載はこれからもしません。

 

 

 

 

たまに 「新規割引って無いの?」 って問い合わせが来るけど

そんな理由なのでご理解ください m(_ _)m

↓ここも合わせて読んで見てください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。