ストレートパーマ(縮毛矯正):肩上のボブを丸みのあるストレートに

 


 

 

今回のゲストさんは前回のストパー(矯正)が約3ヶ月前

ヘアカラーは3週間前にプレイスでリタッチ(伸びた根元部分だけを染める)してある

 

 

超ロングだったのを数回に分けて短くしていって

前回は肩上までバッサリカットしてラウンドストレートで内巻きにした

ビフォー

アフター

からの3ヵ月後(伸びるの早っ!)

特に襟足付近のクセ毛は強い

 

 

 

 

 

今回は前回よりも もっと短くしたいとのことなので

襟足がラウンドストレート(丸みを付けるストレートパーマ)できるギリギリまでカットした

前回よりも短く切ったからどうしても角の重さが見えてくるので、ほんの少しだけレイヤー(段)を入れた

 

 

 

 

カラー毛だし、還元しやすく見た目より伸びやすいクセ毛なので弱酸性の薬剤で十分

根元と中間から毛先で塗布のタイミングと薬剤の濃度を変えて

全体に自然な丸みが付くようにアイロンで色々仕込んでしっかりと2剤処理

 

その後は残留しないように後処理(アルカリ・加水除去)も行う事で

時間が経ったときのクセ毛の戻りもなくいつまでも綺麗なんです

 

 

 

 

そして完成

 

 

 

 

 

ストパーの邪魔にはならない程度のほんの少しのレイヤーでも

柔らかさと動きが出る

 

 

 

3ヶ月前は完全にボブ(段なし)に切ってあるから前回との違いが分かると思う

 

ストレートパーマ(縮毛矯正)って肩上の長さでかけると毛先までピンピンで不自然になりやすいけど

ラウンド(丸み)を付ける事で生まれつきのストレートのような仕上がりになる

これがプレイスのラウンドストレートだっ!(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。