ストレートパーマ(縮毛矯正)と髪の毛を梳く事の関係

 

ストレートパーマ(縮毛矯正)をかける人には必ず話す事

 

ストレートパーマ(縮毛矯正)を綺麗にかけたかったら、髪の毛は梳かない方が良い

 

 

髪の毛を梳く事で毛量は減り、シャンプーやドライヤーが楽になるのはメリットなんだけど

ストレートパーマ(縮毛矯正)にとって梳いてある毛はデメリットしかない

 

 

 

梳いていないと長さが綺麗に揃ってるけど

梳く事で中に短い毛ができてしまう

 

 

 

ストパー(矯正)のアイロンは指で髪の毛を綺麗に固定して

その後をアイロンで真っ直ぐにしていく

短い毛があれば、アイロン手前で左手のテンションが抜けてしまい綺麗にアイロンできない

 

 

服で例えると

シワシワの服にアイロン当てるときは左手でシワを伸ばしつつアイロンするでしょ?

シワシワのままアイロンを上から押し当てたら、シワシワのままアイロンがけしてしまう

 

梳いて短い毛は左手のテンションが途中で抜け落ちてしまうから

クセ毛のままアイロンで固定してしまいストレートに形成できない

っていうのがストパーかけるなら梳かない方が良いって最大の理由

 

 

 

それだけじゃない

 

 

梳いてないと毛先が綺麗に揃うけど

 

 

梳いて短い毛ができると、途中に毛先が出てきて毛羽立ちになり

艶がなくなってパサパサした傷んだような質感になる

 

 

 

根元は艶があるけど、中間から毛先はパサつきがあるでしょ?

ツヤ感が全然違うのが写真だとわからないかなぁ?

 

 

 

赤○部分は梳いてなくて、青○ぶぶんは梳いてるから艶がなくてパサ付いた感じになってる

 

 

 

 

 

 

もう一つはストパーかけない人にも当てはまるけど

クセ毛は梳けば梳くほどボリュームが出て収まらなくなる

 

 

 

 

こんなクセ毛の人形の向かって右側だけ梳いてみた

 

 

毛量が減って落ち着くように見えるけど

 

 

 

乾かすと、右の梳いた方は短い毛が立ちあがってボリュームを作り

クセ毛の助長になってるのが分かると思う

 

 

 

 

 

これにストパー(矯正)かけたら

 

 

 

艶の違いがわかるでしょ?

 

 

 

 

 

梳いてない方は綺麗で艶もあるけど

梳いた方は毛羽立ちが出てるでしょ?

 

 

 

この長さと量でこれだけ違いが出るんだから

髪の毛全体で考えたら、全然仕上がりが変わる

 

 

 

 

 

なので、ストレートパーマ(縮毛矯正)で

クセ毛を綺麗に真っ直ぐにしたい、艶が欲しい!

人は 梳かない方がいいですよ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。