白髪染め・伸びたときに目立たない色

 

「すぐ伸びてきて根元が目立つなぁ」

白髪染めをする人なら一度は思った事があるはず

 

 

 

明るい色で染めた方が、根元が伸びた時に目立たないんじゃない?

って考えた事がある人も多いと思う

 

 

 

暗い色と明るい色    いったいどっちが伸びたときに目立たないんだろう?

 

 

 

明るい色の方が目立たないって考える人は

白髪の白と黒髪の黒は反対色だから目立ってしまう

って考えてる

 

 

 

 

こんな感じで暗く染めると

 

 

伸びたときに、白と黒で目立つ

そんなイメージなんだと思う

 

 

 

だから明るく染めれば

伸びたときの色の差が黒髪よりも少ないから目立ち難い

 

 

 

 

 

そんな風に考えると、そうなのかもね

 

 

 

 

 

 

だけど自分の白髪比率を考えてみて

白髪100%じゃないでしょ?

 

 

だったら明るく染めて根元が伸びてきたときってこんな風になるよね?

毛先は茶色、根元は黒白の3色

 

それだったら暗い色の方がまだ目立たないって思わない?

 

 

 

 

 

わかりやすいように毛先の色を極端に変えてるし

白髪比率によって見え方も変わってくるから一概には言えないけど

こんな考え方もあるよって一例

 

 

 

白髪や加齢毛ってパサついて艶もなくなるから

明るくすればするほどパサつきは強調されて艶もなくなるし

顔を囲ってる髪の毛が明るいと顔(肌)は暗く、くすんで見えちゃう

逆に暗めの色の方が、艶も見えやすいし肌も綺麗に見えるからね

 

 

 

 

って書くと明るく染める事が悪いように感じちゃうかもしれないけど

否定派ではありません

 

僕だってたまには自分の髪を明るく染めたいなぁって思う事がある

カラーアレルギーがあるから難しいけど

 

 

あくまでも僕の個人的な意見だけど

 

ある程度年齢を重ねてきたら

髪の毛を明るい色に染める事はデメリットのほうが多くなると思ってる

(やりすぎた明るさはって事ですよ)

 

 

人間って自分にない物に憧れを持つことが多いから

日本人は無意識的に明るい髪色に憧れてたりする

 

欧米人が黒髪はエキゾチックだ!なんて言って

ブロンドの髪の毛をわざわざ黒染めしてたりしてるからね

 

「なんでわざわざ黒髪に染めるの?」って思うでしょ?

向こうも同じように思ってるかもね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。