植物染料で染めると どんな色になる?

 

カラーアレルギーを発症したんだけど

植物染料(ヘナ・インディゴ)で染めた事がないって方から

 

 

「どんな色に染まるのか やってみないと分からないんですか?」

「基本暗く染まるの?」

 

 

とのご質問がありましたので説明してみます。

 

 

 

 

 

ヘナ=ヘアカラーの名前と勘違いしている方も多いんだけど

 

ヘナとは指甲花って草の葉っぱの事

ヘナの葉だけで染めると黒髪は黒いまま、白髪はオレンジ色に染まります

 

 

 

白髪が少なければ、オレンジに染まっても

それなりに白髪がぼけて見えて良い感じになるんだけど

 

白髪が多いとオレンジが目立って

ヘタするとパンクバンドのメンバーなのかと思われそう(笑)

 

 

なので インディゴっていうマメ科の植物の葉を混ぜる(もしくはヘナで染めた上から2度染め)事で

茶色にしようってのがプレイスでやってる植物のヘアカラー

 

 

 

 

 

 

例えばこのくらいの感じで白髪があるとするでしょ?

 

 

 

 

ヘナだけで染めたらこんなになる

 

 

 

 

インディゴを混ぜて染めたらこんな感じ

 

 

 

 

 

ヘナだけで染めるのも白髪が少ないうちは白髪ぼかしのような感じで良いんだけど

白髪が増えてくるとオレンジが目立ってきて

黒髪よりも白髪の方が多くなると、ちょっと病的な髪色になってくる(笑)

 

 

だけど、白髪の方が多くなってもインディゴを混ぜると良い感じに染まる

 

 

 

 

 

 

同じ色でも白髪の比率で染まり上がりの感じは変わりますが

ヘナとインディゴの配合を調整する事で

オレンジ~明るい茶色~暗めの茶色

このくらいの色の幅の中で調整する事ができます

 

 

 

できるだけ黒に近いような暗い色に染めたいんだったら

ヘナで染めた後一度洗い流して、インディゴでもう一度染める2度染めがおすすめ

 

 

 

ですが、色見本があってその通りに染まるわけではなく

同じ配合でも人によって暗めに染まったり、明るめに染まったりしますが

特別おかしな色に染まったりすることはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪比率や髪質が個々違うので同じ色に染めてって言うのは無理だけど

全てプレイスでヘナとインディゴを使用して染めた色です。

 

みんな綺麗な髪でしょ?

 

 

化学反応を使わず自然の力だけで染めるので

思うようにならない事もあるけれど

 

葉っぱの香りに癒されながら髪の毛を染めるってのも良いもんですよ♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。