カラーかぶれ(アレルギー)でも明るく染めたい!

 

カラーかぶれ(アレルギー)については

今までも色々書いてきたけど

 

 

まだ書いていない事があるって気が付いた

 

 

 

カラーかぶれ(ジアミンアレルギー)があるけど

どうしても髪の毛を明るくしたい! そんな時の対処法

 

 

 

 

ヘアカラー(アルカリカラー)ってのは主に

髪の毛の色素を抜く・色素を入れる

この二つの働きで髪の毛を染めている

 

 

 

黒髪の色素を抜く(脱色)のはアルカリと過酸化水素の仕事

色素を入れるのは染料(主にジアミン)の仕事

なのでジアミンアレルギーによるカラーかぶれの場合はジアミンを使用していないヘアカラーを使えば大丈夫って事

 

なんだけど、ジアミンほどしっかりと長く染める事のできる科学染料は他には無い

 

 

ノンジアミンカラーと呼ばれるヘアカラーには

HC染料とか塩基性染料なんかを使ってるんだけど

基本すぐ落ちちゃう

 

 

 

だけど、ジアミンもHC染料とか塩基性染料も使わずに黒髪を明るくする事は特に難しくはない

 

アルカリと過酸化水素水の働きで脱色作用は起きるので、染料がなくても黒髪は明るくなる

染料を使わなければ染料にアレルギーを起こさないからかぶれる事もない

ノンジアミンカラーって聞くと新しくて良さそうに聞こえるかもしれないけど

昔からある普通のヘアカラーなんですよね

 

 

 

だけど、カラーかぶれがジアミンによるものだとはっきり分かっている場合なら良いけど

アルカリ剤や過酸化水素水に反応する人もけっこう多い

 

黒髪を明るくするには染料(ジアミン)を使わなくても大丈夫だけど

明るくする(脱色作用)にはアルカリと過酸化水素水は絶対に必要

 

 

 

 

それと、白髪染めはジアミンが無いとやっぱり難しい

だって染料が入ってないんだから、白には色が付かない

HC染料や塩基性染料を使っても1週間もすれば綺麗に落ちちゃう

 

 

 

 

まとめると

 

 

黒髪を明るくしたい

ジアミンアレルギーはあるけど、アルカリ剤や過酸化水素水には反応しないのならば

髪の毛を明るく染める事はできます

 

だけど、白髪染めは難しいので植物染料をお勧めします

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。