パッチテスト

 

 

 

アレルギー検査をする時に行うパッチテスト

調べたい物を直接皮膚に付けてアレルギー反応が出るかどうか見極める方法

 

 

本当はヘアカラーでも毎回染める前にパッチテストをしなければいけないんだけど

48時間置かないといけないので毎回する美容院は無いですよね…

 

 

以前お客様で

「皮膚科でパッチテストをしてもらったらヘアカラーのアレルギー反応が出た」

って言われてたけど

よく聞いてみると 染める時に使ったヘアカラー剤をパッチテストに使っただけだった

 

この方法だと、ヘアカラー剤の中の何にアレルギーを起こしたのかは分からない

ほとんどの場合はジアミンって呼ばれる科学染料なんだけど、科学染料はジアミン以外にも入ってるし

ヘアマニキュアに入ってるタール系染料と呼ばれる科学染料だってアレルゲン

 

 

なので病院で 「ヘアカラーによるかぶれ(アレルギー)です」 って言われたら

ヘアカラーの成分の何に反応してるのかを調べてもらった方がいいんだけど、なかなかやってないらしいです

 

 

カラー前のパッチテストだって絶対じゃないんですよね

腕の内側の小さい範囲と頭全体だと反応も違うから、パッチテストで異常が出なくてもかぶれる事はある

 

 

色々とややこしいでしょ?

 

 

 

 

アレルギーの無い人にとっては関係ない話なんだけどね

 

 

ただ、アレルギーは誰しも起こす可能性は持ってるので

次回染めたときにかぶれる可能性はゼロではないんですよね

 

 

心配な方は、色味の少なさ・明るさの制限・時間・コストなどデメリットも多いけど

科学染料もアルカリも過酸化水素水も使用しない

自然な葉っぱの力で染めるヘアカラーをお勧めします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。