白髪染めでも明るく染めたい!

 

 

白髪染め=暗くなる

 

 

そんな風に思ってる人が多いけど

今の白髪染め(アルカリカラー)は、けっこう明るく染める事ができる

 

 

 

 

カラーチャートと呼ばれる カラーの色見本から選んだ事がある人も多いでしょ?

だけど、選んだ色よりも暗く染まった

って経験のある人も多いし

 

 

 

 

知り合いは白髪染めでも明るく染まってるのに

なんで自分は白髪染めだと明るく染まらないんだろう

って感じてる人も多い

 

 

 

 

なぜかと言うと

 

 

 

そこには誤解があったり、美容師の説明不足だったり

いろいろな原因があるからなんです。

 

 

 

 

 

まず白髪染めのカラーチャートってのは

白髪率30%を基準に作られている事が多い

 

 

 

 

 

黒髪は色を抜く事で明るくなるけど

白髪は色がないから、色を入れる事で茶色や黒に染まる

 

 

黒と白が混ざった髪の毛を明るい茶色に染めるには

黒髪は色を抜いて、白髪は色を入れて

同じ茶色に染めてるんだから

抜くと入れるの反対の事を同時にしなきゃいけない

 

 

 

真っ黒に染めるには、色を抜く力はほとんど要らないし

とにかくしっかり色を入れればいいだけだから何とでもなるけど

 

 

明るくするには、脱色する力がたくさん要るから

そっちに力を取られすぎると白髪に色を入れる力が弱くなる

 

逆に白髪に色を入れる力を増やすと、黒髪を明るくする力が弱くなるから

明るい白髪染めほど、黒髪と白髪の色の差が出てくる

 

だから同じ白髪染めの色で染めても、白髪の量によって

明るく染まったり暗く染まったりしてしまうので

カラーチャートは白髪率30%で作っている(基準値が必要だから)

 

 

 

つまり、白髪比率が30%以上だったらカラーチャートよりも明るく染まるし

30%以下だったら暗く染まるって事(そこに髪質も加味される)

 

 

 

 

 

 

30%の白髪率ってどの位だと思う?

自分の白髪率は何%位なのか想像してみて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪率30%ってけっこうな白髪ですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに30%はこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

プレイスで染めた7トーンの白髪染めの色はこれ

白髪率は30%もないけど、写真なので色は目で見るのと違って見えるけど

カラーチャートと比べてもそんなに変わらないと思うんだけどなぁ

 

 

 

 

 

カメラの知識がないからかもしれないけど

ヘアカラーの色って写真じゃ表現し難い

 

 

 

 

とにかく、思った明るさに染まらないのには

何か勘違いや原因があるって事です

 

 

 

ご相談はお気軽にどうぞ~♪

 

 

 

 

 

 

Hairmake Place   美容室プレイス

岩国市南岩国1-13-21   0827-31-0057

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。